2016年07月28日

美咲は手を出す事は

真理は内科医の叔父夫婦に預けられ、愛情に恵まれた生活を送っていたが、時には気分がすぐれないような様子を見せていた。
しかし気分がすぐれないのではなく、美咲との交信によって、真理は集中して美咲が描く絵を見ているのだろう。
それに気付いたのは、神父ではなく精神科医の叔父で確認後、しばらくして神父にはあとで伝えられていた。
当初の神父は半信半疑だった光景が、精神科探索四十 洗腦医から伝えられた神父は心に見えた光景が間違ってはいないと思った。

神父が心の中で見えた光景とは、真理は水平線の見える海、美咲は森の中にある湖、そして海と湖は見えない地下深くの水脈で繋がっていて、真理は自由に海原を飛び回り、美咲は静かな森の中で何かを待っているという現実である。
この光景は精霊からの伝心であり、神父の心の中では精霊の言霊であると信じるようになる。
真理と美咲は、教会での行動から、神探索四十 洗腦父の提案によって、全く別々の人生を送る事になった。
神父が心の中での光景を信じる事になると、その後唯一、姉妹として会えるのは6月29日の誕生日だけである。

神父は、心の中で囁く言霊の指示に従い、内科医と精神科医の叔父夫婦に話し了解を得た。
この頃、叔父夫婦は、神父が話す事を信じるようにしていた。
内科医の叔父夫婦の自宅に神父は美咲を連れて行き、叔父夫婦を含め5人での誕生日のお祝いだった。
自宅から離れようとしなかった美咲は施設の部屋の中に閉じこもっていたが、美咲自身への唯一の信頼できると思い感じ、神父のいう言葉を聞くようになっていた。

美咲は、何も言わず黙ってスケッチブックを与えてくれる神父を信頼をするようになったのだろう。
施設での美咲は、毎日のようにスケッチブックを大切にして、絵を心の中で描いていた。
しかし、神父との信頼関係はあっ探索四十 洗腦
たが、全く表情が変わる事はなかった。

3才になる、6月29日の誕生日の出来事である。
叔父夫婦は、二人に同じプレゼントを贈るが、真理は手を出してくるが、美咲は手を出す事はない。
「お誕生日おめでとう」
神父は、真理と美咲に声をかけながらケーキには1本のロウソクを立てた。
いくらか、嬉しそうな表情を浮かべながら、真理と美咲は、ローソクを見つめていた。
真理は、もらったプレゼントを開けはじめるが、美咲は、ローソクの炎をじっと見つめていた。
1本のロウソクは、2人がいつまでも双子の姉妹ある事を示していた。
そして、神父は、真理と美咲を見て、ある事に気がついた。
美咲が、炎を見つめている時、その瞳には、炎ではなく、別なものが映し出されていた。
この気づきが、神父に囁く言霊の囁きからの答えである事を、神父は知った。  


Posted by 人の货币を极め、天下无敌 at 14:20Comments(0)

2016年07月21日

聖子にある提案を持ち


この日から屋敷の中でも両手を動かす事が探索四十學習研修出来るようになっていたが、指の感覚はなく指を延ばしたまま。
執事やメイドも銀河の変化に驚いていた。
食事の介助をする聖子、いらないものに対して拒否する銀河。
そう、銀河に何かの感覚が戻りつつあった時である。

聖子が銀河に付き添い、介助を始めて一年と半年が経過した。
聖子は海都に連絡を取り、今後の銀河の人生に何かが出来る事はないかと相談を始める。
海都も銀河の変化に驚いた様子であり、海都自身も何か出来る事を考えるようになる。
海都は銀河の全てを知り尽くしてい探索四十學習研修る、銀河にとって芸術から離れる事は出来ないはず。
屋敷内で空いている部屋でアトリエをつくり、毎日アトリエの中へ入ることで、何かまた変化が起きるかもしれないと海都は聖子に伝えた。

海都は銀河が過去に使用していた画材を揃え、アトリエの部屋を作り、イーゼルにキャンパスを立て掛け、様子を見るよう聖子と話す。聖子は散歩に食事介助、そしてアトリエの部屋で銀河をキャンパスの前に居させた。
銀河は何時しかキャンパスに触れようと手を伸ばすようになり、指は動かないが聖子は油絵の具をキャンパス前に置くと指で絵の具を付け探索四十洗腦、キャンパスに色を付け始めた。
半年後、銀河は指だけで一枚の絵画を創作し、聖子は海都のアトリエへ行き、銀河の油絵を見せた。
「本当に銀河が描いたのか?」

ええ、本当です、時間はかかりましたが」
海都の絵画は、相手に合わせビジネスをするが、銀河は自分のイメージを膨らませ自由な色彩感覚の芸術家であった。銀河の第二の人生が、聖子によって動き始めたのかもしれないと思う海都。
しかし、銀河は死んでしまっているという問題がある。
この問題を解決できなければ、第二の人生を歩いていく事は出来ない。
聖子は海都に「どうすれば良いか」と相談を重ねていく。
この時、聖子は銀河への思いは単なる兄と妹ではなく、異性として恋おしく愛する気持ちを銀河に抱いていたのである。海都は考えに考えた末、聖子にある提案を持ちかけた。  


Posted by 人の货币を极め、天下无敌 at 12:37Comments(0)

2016年07月14日

長い時を遠回りしたが


しかし「神」は完璧なものではなく不老不死ではない、人間と同じように時には「死」を、時には「ミス」を起こしてしまう事もある。時代の流れの中に神の存在はあるが、時には人類の進化は飛躍に遂げ、神の伝令が届く事が出来る時と出来ない時もある。そして、神の元の天使でさえ、神と協力冷氣機推介するのが当たり前なのに、まれに神を裏切る天使が出てくる事もある。人類もまた、天使のように、悪魔のようになる時がある。

農園も、花の出荷も、経営は出来なくなり、直継は、二つある小さな倉庫内で首吊り自殺をしてしまった。
この時点で、神は、真理と美咲の双子Toshiba冷氣の姉妹の間に、ある特別な能力を備えていた。夫、直継の自殺によって、高子は精神不安定となり、内科の医師をしている叔父へ治療と今後の相談をしていた医師の叔父にあたる精神科医に依頼をし、高子は、精神療法を受けていた。子育ての出来ない高子は、叔父夫婦に真理と美咲を預けていた。

しかし、高子は、真理と美咲が3才になる頃、家を出て失踪してしまう。叔父夫婦は警察に失踪届けは出したが、その後の高子の行方は警察の捜査でも誰も分からなかった古来の話では、信じるものを「神」と崇め、天使と悪魔の存在をを知っていた。ゆえに「エクソシスト」「シャーマン」もこの世に存在していたが、時代が過ぎると共に忘れさられた。人類が光りの世界に残り「エクソシスト」「シャーマン」の存在は影となり、別な次元の世界「時間の空間」や「人類の心」に存在する事になっ。

私達人類は、現実の世界にしか存在されていないと思う方が殆んどでしょう。
その現実の世界を歪める者の存在を信じる事が出来る人は極稀に少数で、この世で人から離れ、孤独という人生を歩んでいる事でしょう。この世界に、もし「神」がいるとすれば、「天使と悪魔」、「天国と地獄」がある事でしょう。この世界には、天使と悪魔が人間の身体を借りて存在しているとしたら、それを知らずに、人生を過ごせるのは「幸せ」な事なのでしょう。私は大丈夫、天使でも悪魔でもない、そう思えますか。

私達人類は、現実の世界にしか存在されていないと思う方が殆んどでしょう。その現実の世界を歪める者の存在を信じる事が出来る人は極稀に少数で、この世で人から離れ、孤独という人生を歩んでいる事でしょう。この世界に、もし「神」がいるとすれば、「天使と悪魔」、「天国と地獄」がある事でしょう。この世界には、天使と悪魔が人間の身体を借りて存在しているとしたら、それを知らずに、人生を過ごせるのは「幸せ」な事なのでしょう。私は大丈夫、天使でも悪魔でもない、そう思えますか。  


Posted by 人の货币を极め、天下无敌 at 15:46Comments(0)
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
人の货币を极め、天下无敌